妊娠が分かったらまずするべきことは?

妊娠が先のデキちゃった婚は世間的なイメージもあり
気持ちに動揺があるかもしれません。
しかしその後にきちんと結婚の意志を固めたのですから、
まずは堂々と二つの喜びを噛みしめて下さい。

まず最初にすべきことは出来るだけ早く両親へ報告することです。
特に女性側の両親はデキちゃった婚の
事実に怒りを感じている可能性もあります。

男性は誠意を持って結婚すること、
今後母子共に守っていく決意を語り承諾を得るよう努力しましょう。
順序が逆になったけれど、以前から結婚の意志を
確認し合っていたように話した方が心証は良いようです。

孫が生まれたらそちらに意識が移り、
わだかまりがあっけなく解けることもあります。
ここで感情的にならぬよう双方の両親へは上手に報告すべきです。

また、勤務先への報告も大切です。
産後仕事を続けていくのか、専業主婦になるのか。
これはパートナーと話し合って決めなければならない大切なことです。
そして決断した段階で勤務先へ伝えなければなりません。

また妊娠すると母子手帳が交付されます。
母親の名前を記名するのですが、
婚姻届が未提出の場合は旧姓で記名されます。

しかしその後に入籍し名字が変わっても
再交付ではなく自分で書き換えるだけなので、
それを見越して最初から鉛筆で記名してもらう人もいるようです。

ですから婚姻届の提出時期に拘わらず、
母子手帳はなるべく早くもらうようにしましょう。

婚姻届についても事情がない限り早めに提出するに越したことはありません。
出産後では子どもの扱いが非嫡出子になり手続きが煩雑になってしまいます。
扶養に入る場合健保の手続きもあるので、
妊娠安定期までには入籍を済ませることをお薦めします。



おすすめ記事

妊婦さんにやさしい結婚式ってある?